リッチな気分で、ホテルに暮らすのはどうですか?

リッチな気分で、ホテルを住まいにする

リッチな気分で、ホテルを住まいにする

いつの頃からか、私はホテルに住みたいと考えていた。行き届いた設備とサービス。ホテルには浮世を忘れさせてくれるものがある。ホテルに住むのは金持ちの道楽だけかといえば一概にそうは言い切れない。

一人暮らしを満喫するなら、別にホテルでなくとも、マンションやアパートでもいいのではないか? とよく言われるが、ホテル暮らしはそれらとは一味も二味違う。マンションやアパートにはルームサービスもベッドメイキングもいない。フィットネスやプール、ラウンジもあるし、財布が許すのであればそれらを存分に楽しんでみたい。

高い賃料を出すぐらいだったらほぼ同額でホテルに暮らすほうがいいに決まっている。だけど今の私には経済的にもそれが出来ない。暇な時にホテルのロビーでくつろいでその雰囲気を味わうのが関の山だ。夢のホテル住まいは簡単なのか、そうでもないのか、調べないといけないことはたくさんあるかもしれないが、数々の事例を挙げ、調べていくことで自分なりのホテル住まいの道が開けるかもしれない。

どうせなら、ホテル住まいでリッチな気分を味わいたい。まずはお金を貯めよう。そうしないと何も始まらない。

リッチな気分で、ホテルを住まいにする

ホテルを住まいにする背景

ホテルを住まいにする、それぞれの背景。

実際、ホテルに住んでみたら

実際にホテルに住んでみたらどうでしょうか?